简体  |  繁体
     
Advanced #1688 懂得倾听
★★★★★ by meijia
Chinese Text
Japanese Translation
Title
懂得倾听
聴く耳を持つ
Summary
沟通的方式不一定是“说”,其实“听”也是一种很好的沟通方式。
分かり合うための手段は「話すこと」とは限りません。実は「聴くこと」もコミュニケーションをとるのに良い方法のひとつなのです
Content
古时候,有个外国使者向中国进贡了三个一模一样的金人,可要得到金人,必须回答出使者的问题:三个金人哪个最有价值。大臣们想了许多办法,请珠宝匠检验,称重量,看做工,但结果都是一模一样。最后,一位老臣拿着三根稻草分别插入三个金人的耳朵,结果第一根稻草从金人的另一边耳朵眼儿里出来了,第二根从金人的嘴巴里掉了出来,第三根则掉进了金人的肚子里,没有任何响动。老臣说第三个金人最有价值。使者笑着说他答对了。因为第一个金人代表听不进话的人,第二个金人代表听完马上到处宣扬的人,第三个金人则代表善于倾听的人。
倾听,是一种非常好的沟通方式。要让别人了解你,就要先让自己打开心扉来倾听别人的心声。所以也有人说善于倾听的人才是真正会交际的人。只要倾听,我们无须付出什么代价,就会成为一个思想上的既得利益者。只要善于用一双倾听的耳朵,再加上一个善于理解与同情的心灵,便足以使我们到达以前未曾到达的地方,获得以前未曾获得的东西。
昔、外国から1人の使者が、全く同じ形をした3体の金の仏像を貢物として携え中国にやってきました。しかしその金の仏像を手にするには使者の出す問題に答えなくてはなりません。その問題というのは、「3つの金の仏像の中で一番価値があるものはどれか?」というものでした。大臣たちは(その価値を見極める為)さまざまな方法を考え、金細工の名工に鑑定を依頼し、重さを量ったり、精度や細工の良し悪しを検証したりしましたが違いは見つかりません。最後に一人の老臣が3本の藁を手にし、それぞれの金の仏像の耳に差込みました。1本目の藁は仏像のもう一方の耳から出てきました。2本目の藁は仏像の口から出てきました。3本目の藁は仏像のおなかの中に入っていき、変わったことは何も起こりませんでした。老臣が、「3番目の金の仏像が最も価値がある。」と言うと、使者は笑って「その通りです。なぜなら、最初の仏像は話を聞かない人を表し、2番目の仏像は聞いたことをすぐに言いふらす人を表し、3番目の仏像は話をきちんと聴く人を表しているからです。」と言いました。

 人の話に耳を傾けることは、コミュニケーションをとるのにとても良い方法のひとつです。他人に自分を理解してもらいたいなら、まずは自分が心の扉を開き、その人の心の声を聴くことが大切です。ですからある人は、聴き上手な人こそ本当にコミュニケーション能力が高い人だと言っています。人の話に耳を傾けさえすれば、対価を支払わずして、考え方の面での利益取得者と成り得るのです。聴く耳を持ち、相手への理解と共感を持つ心さえあれば、今まで足を踏み入れたことのない世界を見ることができ、かつて手に入れられなかったものも手にすることができるでしょう。
Translator
Translated by: meijia   At 6/23/2014         
 
Copyright © 2007-2014 CSLPod. All Rights Reserved.  Privacy Policy
    Find us on Google+
Keywords: learn Chinese learn Chinese