简体  |  繁体
     
Advanced #1610 己所不欲,勿施于人
★★★★★ by meijia
Chinese Text
Japanese Translation
Title
己所不欲,勿施于人
己の欲せざる所は人に施すことなかれ
Summary
自己不想要的东西,千万不要强加给别人,用孔夫子的话来说,就叫做“己所不欲,勿施于人”。
自分が欲しくないものは、決して他人に押し付けてはいけない。これを孔子の言葉で言うなら“己所不欲,勿施于人”です。
Content
孔夫子曾经说过“己所不欲,勿施于人”。这句话的意思是:自己不想要的东西,千万不要强加给别人。这句话是儒家思想的精华,也是中华民族根深蒂固的信条,它揭示了处理人际关系的重要原则。然而在现实中许多人都不能恪守“己所不欲,勿施于人”的原则,一切以个人利益为中心,只顾及自身的感受,而忽略了他人的感受。
人应该有宽广的胸怀,待人处事之时切勿心胸狭窄,而应宽宏大量,宽恕待人。倘若自己所讨厌的事物,硬推给他人,不仅会破坏与他人的关系,也会将事情弄得僵持而不可收拾。人与人之间的交往确实应该坚持这种原则,这是尊重他人,平等待人的体现。人生在世除了关注自身的存在以外,还得关注他人的存在,人与人之间是平等的,切忌将己所不欲施于人。
孔子は“己所不欲,勿施于人(己の欲せざる所は人に施すことなかれ)”と言っています。この言葉の意味は「自分が欲しくないものは、決して他人に押し付けてはいけない。/自分がされて嫌なことは他人にもしてはいけない。」で、儒学の真髄であり、中華民族の固い信条でもあります。この言葉は、人間関係における重要な原則を示しているのですが、現在、実際には多くの人がその原則を守れておらず、全て自分の利益になるかどうか、また自分の気持ちがどうかということばかり考え、他人の気持ちなど気にもしてもいないのです。

人は広い心を持つべきで、他人に接するときは、狭い心ではなく大目に見るという広い心でいるべきです。もし、自分が嫌なことを他人に押し付けたなら、その人との関係を壊すだけでなく、お互い譲らず収拾がつかなくなってしまうでしょう。人と人とが交流するには、正にこの原則を守るべきなのです。これは、他人を尊重し平等に接するという現われです。人が生きていくには、自分の存在だけでなく、他人の存在にも関心を持たなくてはなりません。人と人との関係は平等です。自分がされて嫌なことを人にするようなことは絶対にしてはいけません。
Translator
Translated by: meijia   At 12/10/2013         
 
Copyright © 2007-2014 CSLPod. All Rights Reserved.  Privacy Policy
    Find us on Google+
Keywords: learn Chinese learn Chinese